開発者サイトについて

公共交通オープンデータ協議会は、公共交通オープンデータを核とした、 先進的な次世代公共交通情報サービスを実現するための標準プラットフォームの構築を目指しています。 特に、2020年の東京オリンピック・パラリンピックにおける円滑な公共交通に貢献するために、 鉄道・バス・航空などの様々な公共交通機関に関するデータにアクセスする標準APIを提供する、 「公共交通オープンデータセンター」の設立に向けて活動しています。

このサイトでは、本協議会に入会されている開発者に対して、 公共交通データAPIの利用に際して必要となる機能の提供と技術的な情報提供を行います。 現時点では、公共交通事業者から提供されたデータの本協議会会員向けの提供を行っています。 ご利用を希望する方は、協議会への入会をご検討下さい。 (※会員でない場合、ユーザ登録を行ってもAPIを利用することはできません。)

  • 公共交通オープンデータ協議会については、こちらをご参照下さい。